プラットフォーム

2013.11.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

車を利用している人は冬の季節になると「スタッドレスタイヤ」を装着することがほとんどでしょう。今ではスバイクタイヤは規制されている地域が多くなってきているため、ほぼ禁止されているといっても間違いはないです。ということで多くの人がスタッドレスタイヤを利用しているでしょうが、このタイヤは運転の仕方や保存方法によって寿命が大きく変化します。

 

どちらも簡単に改善をすることが出来るのですが、運転の仕方によるタイヤの劣化は、普段の運転の際の安全性にも関係してくるので気をつけなければなりません。スタッドレスタイヤは雪のない乾いた道路では急発進や急ブレーキなどのタイヤに負担のかかることなどをしてしまうとどうしても痛んでしまいますし、溝の減りが早くなってしまいます。溝がある程度消費してしまうと冬タイヤとしての性能がダウンしてしまいます。

 

溝の消費状態の確認方法は「プラットフォーム」を印にして確認するのが簡単でいいでしょう。プラットフォームとはタイヤの溝の側面に矢印の様なマークがあるのですが、その部分を見たら他の部分とは違う様になっています。その部分まで溝が消費していた場合にはスタッドレスタイヤの性能が落ち始めているということですので、しっかりと定期的に確認する様にしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。