交換シーズン

2013.11.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

車のタイヤは溝の消費や亀裂が入ってしまうと安全な走行に支障をきたしてしまう原因になります。特に今は車を利用する人では全員が利用しているスタッドレスタイヤは劣化してしまうと事故の可能性がぐっと高まってしまいます。安全に冬道を走行する為にも定期的なタイヤの状態確認は怠らずにする事が書かせない事になります。

 

スタッドレスタイヤは冬道を洋行する事に適している為、乾いた道路での走行はタイヤの状態を悪くさせてしまう為に極力避けておきたい事でしょう。特に乾いた道路での急発進や急停止などのタイヤに負担のかかる運転はタイヤの劣化を早める行為に値しますので、冬道でも路面が露出している道路に関しては滑らかな模範的運転をすることがタイヤを長持ちさせられる事につながるでしょう。

 

タイヤの交換時期は雪がふってからでは危険な場合もあります。遅くても初雪が観測されてからでもタイヤの交換をするように心がけておくと良いでしょう。春になると雪が溶けて道路が露出しますが、そのときも来年も同じく利用するスタッドレスタイヤであれば丁寧な走行を意識しておく事で来年や再来年、その先も長く使える事が出来るので買い替えの費用の節約にもつながるでしょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。